記事一覧

消費者金融はホントに悪者?3

ピュア子です。

高い金利
はいいのか悪いのか、
お金を借りるのはいいのか悪いのか、
そういう話をしてましたミャ。

今日も続きです。

その1はこちら
その2はこちら

ピュア子
「どこからだったニャム?」

ご主人様
「ピュア子。こういう場合、普通は聞く側が覚えてるんだよ」

ピュア子
「ピュア子はエサを食べたら直前の話を忘れることが多いミャ」

アップロードファイル 26-3.jpg

ご主人様
「・・・・・・( ゚Д゚)えっと、金利の計算なんか、
小学生なみってとこだね」

ピュア子
「そうだったニャ~。計算してください」

ご主人様
「じゃあ例えば、3000万3.5%で借りて家を建てて、
30年で返すことにしようか。

元は3000万だけど、だんだん返すんだから、
減っていくよね。
だから、3.5%が30年まるまるかかるわけじゃないのは
わかるかな?」

ピュア子
「そうね」

ご主人様
「ほんとは複雑な計算があるんだけど、
単純にするね。
1年目は3000万に3.5%、
30年目は0円に3.5%だとすると、
結局3000万に3.5%が15年分かかるんだ。

つまり、タテを元金と金利、横を年数にすると、
だんだん減っていくから三角形になるだろ?
(元金と金利)×年数の長方形じゃなくて、
その半分の三角形
になるから、
半分の15年にするわけだね」

ピュア子
「ああ、そうすると単純ニャムね」

ご主人様
「そしたら、金利は1575万になる」

ピュア子
「そ、そんなに?( ( ( ;゚Д゚)))」

アップロードファイル 26-4.jpg

ご主人様
「そうだよ。
上のクラスのメルツェデスでもBMでも、余裕で買えるね。
金利と言うと、ついつい1年分の金額とか、
月々やっていけるかとかしか考えない
だろ?
ここも簡単に借りちゃう原因の一つかもね」

ピュア子
「う~ん」

ご主人様
「さらに家を買うと固定資産税がかかる。
合計3000万の土地と建物に対して、
単純に40万かかるとするよ。

それも30年かかるから、40万×30年=1200万だね。
さっきの金利と合計すると、2550万

この2550万を30年で割ると、1年に85万だね。
例えば、家を買わずに家賃7万円のマンションで生活した
場合とほとんど同じ
だね」

ピュア子
「そっか~。どうせ同じになるなら、
自分の家を持てるんだから、買った方がいいのかニャ?」

ご主人様
「そう思い込んでる人が多いけど、間違いだね。
例えば貸家で我慢してれば、
家賃5万のマンションだっていいだろ?
それだったら、30年で720万の差が出るよ」

ピュア子
「う・・・・・・ Σ(゚д゚lll)」

ご主人様
「それだけじゃないんだ。
っていうよりこっちの方が大事なんだけど、
家を買った人は30年後、
元の値段で売れるかどうかわかんない、
古くなった家だけが残る
よね?

貯めてた人は、現金が3000万残るんだよ。
もしこれを使って30年かけて少しずつ、
金利の高い国債でも買ってたら?

もし2%もらえるとすると、さっきと同じ計算で、
3000万×2%×15年で、900万の利益だな」

ピュア子
「すごい差になるニャムね。
そうやって増えた現金を使って、
そこからなんにでもチャレンジできるかも」

ご主人様
「結局、金利っていうのは、
払うものじゃなくてもらうべきもの
ってことかな」

ピュア子
「なるほど~( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー」

ご主人様
最後に残るものの差。
辛抱したり運用したりした結果得られる、
利益1620万という差。

これを損と思うか思わないかは個人の自由だけど、
ピュア子はどう思う?」

ピュア子
「どっちだとしても、
ほんとに足し算と引き算と掛け算と割り算だけでわかるニャムね。
小学生でもわかるのに、どうしてみんな自己破産とかするの?」

アップロードファイル 26-5.jpg

ご主人様
「またまた、『人間って・・・・・・』という話になっちゃったね。
学校では計算のやり方は教えるけど、
実際の社会でどこにどういう計算を使って生きていけ、
っていうことは教えない
からかなぁ」

というわけで、このシリーズはここまでですミャ。

ピュア子はおやつを食べます。

ご主人様
(今の話、全部忘れるのかな( -人-).。oO(・・・・・・))









猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※ 経済のしくみと庶民の生活・債務に関するブログ
「大村あつし ボクは不死鳥」

トラックバック一覧

コメント一覧