猫画像ブログ「オッドアイ」について



※ 説明文は工事中です。
※ 他のブログへのリンクは、「いろいろなブログ」という記事の中にあります。




猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを、心よりお願いします!

         ↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事一覧

130億年前の宇宙の画像

アメリカのNASAが、
誕生した直後(130億年前!)の宇宙の写真を撮ったらしいミャ。

一体、どうやったらそんな写真が撮れるの?
そもそも、130億年前なんて誰もいないのに、
どうやって宇宙が生まれたかなんて、なんでわかるの?

ピュア子はさっぱりわからないニャム・・・・・・(;´Д`)

アップロードファイル 63-1.jpg

ピュア子
「どうしてニャム?」

ご主人様
人間様は、ピュア子と違って偉いんだよ

アップロードファイル 63-2.jpg

ご主人様
「ごくごく簡単に説明するよ。
遠くの宇宙を望遠鏡で観測したときに、
その光に『赤方偏移』が見つかったんだ」

ピュア子
「『赤方偏移』って?」

ご主人様
救急車や消防車が遠ざかっていくときに、
音が変わる
だろ?」

ピュア子
「ああ、ピーポーピーポー→ポーピーポーピー・・・・・・って感じニャムね」

ご主人様
「音は音波っていう波なんだけど、光も波なんだ。
遠くの宇宙からやってくる光が、
この救急車の音みたいな弱まり方をしてたってことさ」

ピュア子
「なるほど。それで、『遠ざかってる』ってことニャム?」

ご主人様
「そうそう。そうすると、
時間をさかのぼってどんどん遠くの宇宙が近づくと、
最後は一箇所に集まるよね。
つまり、最初は小さい一つの点から始まった、ってワケさ。

もう一つ証拠がある。
そうやってごくごく小さな点に全ての物質が集まってるってことは、
物凄く高圧高温
になるんだ。

そうすると、光が物質に吸収されたり放出されたりして、
まっすぐ進めない。
でもいつか大きく広がって温度が下がったときに、
まっすぐ進める瞬間が来る

そのときの光が宇宙には残ってるはずなんだけど、
実際に観測されたんだ。宇宙背景放射って言うんだけどね。

もう一つ軽元素の量ってのもあるんだけど、
それはややこしいから省くね」

ピュア子
「へえぇ~。人間って凄いニャムね。よくそんなこと思いつくミャ」

アップロードファイル 63-3.jpg

ご主人様
「それで今回は、望遠鏡で撮影した写真から、
宇宙が誕生してから10億年までの光だけを残して
作った
んだね」

ピュア子
「でも、一つの点から爆発する前はどんなだったニャ?
なんで爆発したニャム?」

ご主人様
「それは現在の科学でもまだわかんないんだ。
私には仮説があるけど、また今度話すよ」

ピュア子
「いろいろ想像しながら夜空を見ると、
星もいつもと違って見えるニャムね」

アップロードファイル 63-4.jpg

猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

女子生徒が先生に噛みつく・・・

ピュア子です。
今日もなんとも言えないニュースがありました。

ある学校で女子生徒が授業中に廊下をうろついて
消火器を噴射しようとした←(何をしたいんでしょう?)ので、
数人の先生が取り押さえたんだけど、
生徒は女性教師の腕に噛みついて、5日間のケガを負わせたらしいニャム。

ピュア子
「すごいニャムね。ピュア子もときどきご主人様に噛みつくけど・・・」

アップロードファイル 58-1.jpg

ご主人様
「まあ、最近流行の狂犬病でもうつそうとしたのかもしれないね」

ピュア子
「それは違うと思うニャム・・・。

アップロードファイル 58-2.jpg

でも、先生たちは大変ミャ。
こんなケモノみたいな生徒はいるし、
生徒が自殺でもしたら責任を追及されるし、
受験受験で勉強は大変だし、
それなのに子供が減って人数があまりいらないから、
先生になるのはすごく難しいらしいし。

マジメに先生になろうなんて人は、いなくなるんじゃないニャム?」

ご主人様
「そうだね。私なら、まずならないね。
でも、教育現場ってのはいつも極端なんだよね。

例えば私が子供だったころは、それはひどかったんだよ。
男子は挟んだ指の間から髪の毛が出たら違反っていうツルツル
丸坊主だったし、女子もカツラみたいなオカッパ

スカートが校則より数センチ長いと、その場でハサミで切られ
ちょっと宿題でも忘れようものなら
ゲンコツや棒で頭から血が出るまで叩かれ
少しでも口答えをすれば職員室で大勢の先生に囲まれてボコボコにされ・・・・・・
というのが当たり前だったんだ。

別に戦時中じゃないよ」

アップロードファイル 58-3.jpg

ピュア子
「それは凄いニャム・・・。今の先生がそんなことしたら、みんなクビニャムね」

ご主人様
「それはそれで大きく問題があると思うけど、
かと言って今みたいに先生が何もできなさすぎると、
悪い生徒は図に乗って消火器撒いたりするしね。

0か100かじゃなくて、もうちょっとちょうど良く50くらいにならないかな、と思うな」

ピュア子
「難しいニャムね。
悪いことする生徒がいなかったら、もっと平穏にできるのに」

ご主人様
「まあ、子供だからねぇ。
それに、悪い子を良い子にするのが教育だしな」

ピュア子
「そうか。そりゃそうニャムね。
最初からみんな良い子なら、教育しなくていいミャ

ご主人様
「そう考えると、政府やお役人がもっと優秀な教育者を育てる仕組みと、
頑張った教育者が十分な報酬をもらえる仕組みを作って、
教育の現場の質を高めるしかない
のかもしれないね」

ピュア子
「みなさんもマジメに勉強してほしいニャム~」

アップロードファイル 58-4.jpg

猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

全国民がパパラッチ

ピュア子です。

今日は久しぶりに、「あまり人気ないっぽいな・・・・・・」
ということで最近やってなかった

ニュース記事ニャム!

アップロードファイル 54-1.jpg

今「ピュア子のブログ」や「ピュア子のページ」には、
トップページに来ない人もカウントすると、
1ヶ月に1000人以上の人が来てくれるニャム。

大人気のブログに比べたら全然少ないけど、
それでも1000人って言えば
ちょっとした学校の全校生徒ぐらいミャ。

ピュア子はサイトを始めるまで、
こんなたくさんの人にピュア子のことを見てもらう日が来るなんて
思ってもみなかったニャ~!

アップロードファイル 54-2.jpg

ピュア子
「これって思えばすごいことニャムね」

ご主人様
「そうだね。これもひとえにテクノロジーの発達の賜物だね」

ピュア子
インターネット?」

ご主人様
「それと、そのネットに接続したり動画撮ったりできる、
情報端末としての携帯かな、大きいのは。
だけどそのせいで、困った面もあるな」

ピュア子
「困ったこと?」

ご主人様
「今日の産経ニュースによれば、
南カリフォルニア大の先生が
『もうプライバシーなどないに等しい』と言ってるみたいだね。

実際、有名人だけじゃなく
ごく普通に生活している一般人も、
いつの間にかビデオや写真に撮られてて、
それが世界中に流される

日本でもwinny経由で重要な内部文書が漏れたり、
恥ずかしいプライベートな写真がバラまかれる
事例が後を絶たないからね。

国民全部がパパラッチになったようなものってワケさ」

ピュア子
「それは、怖いニャムね・・・・・・。
ピュア子も恥ずかしい写真をバラまかれたら困るニャム!」

アップロードファイル 54-3.jpg

ご主人様
「(ピュア子のは、もうたくさん出回ってるけど・・・・・・)」

ピュア子
「でも、ピュア子がたくさんの人に
見てもらえたり、いいことも大きいミャ。
今さらなくなったらイヤニャム」

ご主人様
「テクノロジーというものは全て、そういう面があるよね。
正しく使えば限りなく利益をもたらすけど、
悪く使えば大きく害にも為り得る

だけど今のような無法状態のまま実害が発生し続ければ、
いずれ遠くない将来にインターネットを大きく規制する
法律が出来ちゃうかもしれない
ね。

インターネットっていうのは本来、
自由に情報発信・収集できるのが素晴らしい点なんだから、
それが規制でがんじがらめになったら、
その時点で人類にとって大きく後退
かもしれないな」

ピュア子
「正しく使うことはできないの?」

ご主人様
「う~ん、まあ無理だろうね。
なんせいつかも言ったように、
猿にミサイルのボタン任せてるようなもの
だからね。人間の脳って」

ピュア子
「じゃあ、猿に任せるぐらいならピュア子が
人間を操る
ニャム」

ご主人様
「ピュア子に任せたら人類は何も仕事しなくなるだろうな・・・・・・」

アップロードファイル 54-5.jpg

猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サービス残業のしくみ

いまだ療養中のピュア子です。

アップロードファイル 41-1.jpg

明日は勤労感謝の日ニャム。
それにあわせて、厚生労働省が「サービス残業の無料電話相談」
をやることにしたらしいですニャ。

なるほど、なるほどぉ(*゚ー゚)
・・・・・・で、サービス残業ってなにかミャ?

ピュア子
「ご主人様、教えてほしいニャム」

ご主人様
「チッ」

ピュア子
「・・・・・・( ゚Д゚)(ご主人様はfinepix f30をいじるのに忙しいニャム)」

ご主人様
「・・・いや、失礼。サービス残業だね?」

ピュア子
「そうニャム」

ご主人様
「労働基準法では、1日の仕事は8時間しかさせちゃダメって
決められてるんだ。
でも、仕事の終わらないサラリーマンが、
会社に残って仕事するんだよ。
その分の給料が出ないとき、それをサービス残業って言うんだ」

ピュア子
「どうして働いたのに給料が出ないの?

ご主人様
「これは難しい問題なんだよ。
雇う側に『ちゃんと払え』と言ったら終り、
雇う側が払わないのがダメ、っていう単純な話じゃない
んだよね」

ピュア子
「払わないのが悪いようにしか思えないニャム・・・・・・(・ω・ )?」

ご主人様
「悪いのは悪いんだけどね。
なぜそれが発生するのか、
なぜなくならないのか、という点が複雑なんだ。

雨がたくさん降って洪水になったとき、
『川の水がけしからん!』なんて言わない
だろう?
堤防の高さが不十分だったこともあるし、
上流で木をたくさん切って、雨を吸収できなかったのもあるし、
環境破壊で天候がおかしくなって、雨がたくさん降ったのもあるし、というワケさ。

結論から言うと構造的な問題なんだよ。

それなのに、ある一箇所だけを取り上げて
攻撃してる傾向が強い
と思うなぁ。
小手先の対応になってるんだよ」

ピュア子
「どういうことニャム?」

ご主人様
「働く人は、『雇う人』と『雇われる人』
の二つに分けられるよね。
サービス残業の問題は、
常に『雇われる人』の視点からばかり取り上げられる
けど、
『雇う人』から見てごらん。

特に規模の小さい中小企業になるほどサービス残業は多いよね。
それは、ズバリ言えば残業代なんか払ってる余裕がないんだよ」

ピュア子
「経営が苦しいニャムね」

ご主人様
「そう。苦しくて苦しくて、つい会社が潰れるまで
消費者金融から借金してしまう話をしたよね。

雇う側からすると、残業なんかせずに、
効率的に仕事をして早く帰ってほしい
んだよ。

だけど、雇われる側からすれば業務の量や困難性などから
そう簡単には終わらず、どうしてもオーバーしちゃう
よね」

ピュア子
「雇われる人たちからすると、
『早く帰れって言うなら、もっと人を増やして一人ひとりの
仕事を減らしてくれ』
って思うんじゃないミャ?」

ご主人様
「そうだね。
だけど、残業代出す余裕がないのに、
人間増やすことなんかもっと不可能
なんだよ。
仕事を減らすことだって、メシのタネなんだから無理だよね。

それで、雇われる側の言い分ばかりを聞いて
仕事減らして、どんどん残業代払ったら、
どうなる
と思う?」

ピュア子
「それは・・・・・・会社は潰れるかもしれないニャムね」

ご主人様
「そう。会社が潰れちゃって仕事を失うのと、
残業代が出ないのとどっちがいい?
 って話になっちゃうんだ。

もちろん全てがそうじゃないよ。
すごく儲かってるのに、
雇う人ばかりがおいしい部分を持っていっちゃう場合もある。
そんなのは絶対ダメ
だよね。
一生懸命働いている雇われる人にも分けてあげないと。

利潤が上がって調子のいい大企業なんかは、
春闘って言って毎年4月に給料上げるよう労働者の団体が
交渉してるよね?

だけど、実際にはほんとに払いたくても余裕がない
中小企業の方が、大半
なんだ」

ピュア子
「じゃあ、『雇う人』だけを責めても難しいニャムね」

ご主人様
『雇う人(余裕がない)→誰かを雇う→
雇われる人が雇う人に無理な要求→
雇う人、もっと余裕がなくなる→会社潰れる→
雇われる人(+д+)マズー』

っていう仕組みだろう?
その構造自体をどうにかする対策をしないとダメじゃないかな。

ピュア子
「どうすればいいニャム?」

ご主人様
「そんなこと知らないよ。厚生労働省の人がちゃんと考えないと

アップロードファイル 41-4.jpg

だけど、実際はそれだけじゃないんだよね。
日本人の特質なのかな。
今言ったのとは違う面で、サービス残業が発生するしくみもあるんだけど・・・・・・。
それはまた次回にしよう」

というわけで、今日はこれで終りニャム!

猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公務員は「やらせ」が仕事なんです。

皆さん、こんばんは。

ピュア子はニュースマニアというわけではありません。
でも、情けない人間社会の裏側を目にすると、
ついつい誰彼かまわず報告したくなってしまうミャ。

アップロードファイル 32-3.jpg

さて、今日ニュースを見ていたら、
「文化庁が全国でフォーラムを開くときに、
地方自治体に指示して『やらせ質問』をさせていた」
という話題がありました。

いつもまじめで日本の皆さんのために働いている
官僚の人たち
が、こんな笑えることをしているニャムね・・・・・・。

ピュア子
「ねぇねぇご主人様、
どうして偉い公務員の人たちが、やらせなんかするミャ?」

ご主人様
「あの人たちは、『やらせ』が仕事なんだよ」

ピュア子
「えぇ!? そうなの?」

ご主人様
「例えばある省庁で、なんか世の中にたちそうな、
新しい事業が始まったとするよね。

その予算を勝ち取った地方の県庁が、
大々的に新事業の開始をアピールするよ。

ところが、実際にはみんなお役所がやる事業なんか、
ほとんど興味ない
んだよ。
誰も使ってくれない。

でも、それじゃ公務員の人たちはマズイんだ。
1年間の予算の消化率が悪いと、
その事業をやめさせられたり、全体の予算を減らされたりする
んだ。

そんなことになったら、担当部署の面目がつぶれるよね。
上司はカンカンだよ。

それで、県庁は市町村に無理やり頼み込んで、
使ってくれる企業や人をゴリ押しで探すんだ。
場合によっては、市町村自体に使わせたり。

それで、予算が全部なくなって、
世の中の役に立ってメデタシメデタシってわけ。

これが『やらせ』でなくてなんだろう?

ピュア子
「・・・そんなことになっているニャムね」

アップロードファイル 32-4.jpg

ご主人様
「公共工事とかだってそうだよ。

『鹿しか通ってない』っていうような交通量のない
道路を、何十億もかけて作るのは、
地元の建設業者にお金を落とすだめなんだよ。
『地元の農業の利便性を高めるため』とかなんとか
色々な言い訳を用意してね。

とにかく公務員の方々は、
『住民の皆様のために、
こんなに全力でタメになることをやってます!』
という姿勢を見せてないといけない
から、
大変なんだよ」

ピュア子
「そんなのって、税金のムダニャムよ!
日本の皆様のためなんかじゃ、全然ないじゃない。
全部自分たちのため?」

アップロードファイル 32-5.jpg

ご主人様
「まあ、しょうがないんだよ。

公務員は一生懸命やってもやらなくても、
部署が成果を上げても上げなくても、
みんな給料が同じ
なんだから。

ほんとに国民のためになるように真剣にやれ、
って方が無理
じゃないのかなぁ。

ピュア子だったらやるかい?」

ピュア子
「そりゃ、やってもやらなくても同じなら、
やらない方が利口ニャムね・・・・・・」

ご主人様
「そうだろ?

商売やってる人たちが死に物狂いでやるのは、
それがホントに自分の利益につながるから
だよ。

自分の利益につながらないものを、
誰が一生懸命やるかい。
外側だけ取り繕うのが当たり前さ( ´_ゝ`)

こんな当たり前の仕組みを放っておいて、
いくら公務員の人たちを責めたってダメだよ」

ピュア子
「じゃ、みんなのためになることをやってもらうためには」

ご主人様
『やってもやらなくても同じ』っていう仕組みそのものを
変えること
だね」

ピュア子
「みんな『公務員は』『公務員は』って文句ばっかり言ってるけど、全然ポイントが外れてるニャムね」

というわけで、今回はこれで終りミャ!

猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ノドンがピュア子を直撃する日2

ピュア子です。
サーバーも普通にもどったし、
そろそろまた人間社会を見つめなおすミャc⌒っ*゚ー゚)φ

アップロードファイル 30-1.jpg

日本は弱っちくてナメられているけど、
北朝鮮がいよいよヤバくなったら
アメリカが守ってくれるんでしょ?

って話でした。

前回はこちら

ピュア子
「アメリカは守ってくれないの?」

ご主人様
「まるっきりやってくれないわけじゃ、
ないだろうけどね。
でも、アメリカは今大変だからなぁ。
イラク問題がなかなか終わらないし、
テロリストは暗躍し続けてるし」

ピュア子
「この前ニュースを見ていたら、
アメリカから巡洋艦が来たって言ってたよ。
自衛隊と一緒に、訓練してるって」

ご主人様
「臨時検査の演習だろ?
それぐらいはするよね。

っていうか、これは軍事アナリスト筋の話なんだけど、
今回の件をアメリカはあくまでも、
軍事上の問題とは捉えてないんだってさ。
外交上の問題として対処してるらしい」

ピュア子
「ニャム?」

ご主人様
「つまり、アメリカは北朝鮮の核戦力を、
アメリカ本土に脅威となるような軍事力とは
見てない
ってことだよ。

それで、アジア近郊での海軍の動きを控えたりして、
中国の協力を引き出したらしい。

それで中国は国連で北朝鮮を非難する決議をしたし、
北朝鮮の説得に入ったんだ」

ピュア子
「でもそれなら、とにかく説得はしてくれてるんでしょ?

どんな方法だとしても、
守ってくれてるってことじゃないニャム?」

ご主人様
「まあ結果的には、そうも言えるかな。

でもそれは、ホントは日本を守ってるんじゃなくて、
アメリカ自身の軍事的勢力圏を保持しているだけ
の話なんだよ。

宗教的に対立してテロリストの本拠になってる中東から、
共産主義の大国である中国までの広い地域に対して、
アメリカは睨みを効かせなきゃいけない。

それには、日本が地理的に一番便利だからね」

ピュア子
「便利な位置でよかったニャム」

ご主人様
「そんなに安心していられる話じゃないよ。

つまり、軍事拠点としての日本は大事だけど、
日本の本土を完璧に守りきるだけの用意をしたり
行動を取ったりまではする必要がない
ってことさ。

要はアメリカ本土に火が及ばなきゃいいんだよ。

だから中国に説得してもらえればいいし、
北朝鮮の各技術が中東なんかに流れなければ、それでいい。

今はアメリカまで及ばないって考えてるんだから、
イラクみたいに先に北朝鮮に攻め入ったりしないし、
かと言って日本に飛んでくるミサイルを全て迎撃するなんて
難しいんだよ。
迎撃システムは前から、命中率が9%とか言われてるし」

ピュア子
「じゃ、やっぱりノドンがピュア子に・・・・・・!?」

アップロードファイル 30-4.jpg

ご主人様
「まあ、すぐ北朝鮮が日本にミサイル撃ってくるわけじゃ
ないだろうけどね。
そんなことしたらいよいよ、アメリカも黙ってはいられないし。

でも、今みたいなアメリカに頼るだけの防衛じゃ、
最初の一発はくらってしまう可能性が高いんじゃないかな。

ピュア子
「一発だって困るミャ!」

アップロードファイル 30-5.jpg

ご主人様
「そうだよね。だから日本も、
ホントはもっと自分で自分の国を守れる体制を整える
必要があるんだけどね。

平和憲法があるからなぁ・・・・・・。

憲法改正の話も出てるけど」

ピュア子
「人間って、いろいろ縛られてて自由に動けないニャムね。
危ないとわかっても、
自分の身も守るにも話し合いをしないといけないとは・・・・・・。
ちょっと哀れニャム」

ご主人様
「ピュア子に哀れんでもらっちゃ、オシマイだな( ´_ゝ`)」

ってことで、この話はこれで終りミャ~。

猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※ 日本の核武装議論に関する記事のあるブログ
「ニュースの海」より「中川自民政調会長が欠く議論”自粛”へ」

ノドンがピュア子を直撃する日

ピュア子は心配です。

最近ニュースを見ていると、北朝鮮がいつも出てきます。
これまで以上にどんどん怖い国になっているみたいミャ。

アップロードファイル 27-3.jpeg
アップロードファイル 27-4.jpg

核ミサイルまで持ってしまったら、
いったいどんなことに・・・・・・。

ピュア子に向かってノドンが飛んできたら、
どうすればいいニャム~( ( ( ;゚Д゚)))

ご主人様に聞いてみます。

ピュア子
「どうすればいいの?」

ご主人様
「ピュア子が住んでいるのは田舎なので、飛んでこないと思うよ。
ああ、もしかしたら照準が間違って落ちてくるかもね( ´ー`)y-~~」

ピュア子
「どっちにしても困るニャム(゚Д゚;)
どうして北朝鮮は、あんなにルールを無視するのかな?」

ご主人様
「経済的に上手くいってなくて苦しいからね。
インパクトのある話題を一旦ブチ上げて、引っ込める代わりに
なんとかして他の国に言うことを聞いてもらう
っていう方法なんだ。
『瀬戸際外交』って呼ばれてるんだよ」

ピュア子
「でも、それじゃ周りは迷惑ミャ。
もっとピシッと文句言わないとヽ(`Д´)ノ」

アップロードファイル 27-5.jpg

ご主人様
「そうだね。それが今まで、わりとソフトに扱ってきたからなぁ。
韓国は太陽政策で仲良し路線だったし、
中国も核を持とうとしてから、やっと腰を上げたし、
日本は頭からバカにされてるし。

甘やかした子供がロクな大人にならないのと同じだね。
もう遅いんじゃないかな┐(´ー`)┌」

ピュア子
「日本はそんなにバカにされてるニャム?」

ご主人様
「北朝鮮の核武装問題を話し合う六カ国協議ってのがあってね。先日北朝鮮が言うには、
『日本は入る必要ない。アメリカの州のひとつなんだから』だって。

それ以前に、日本国民を誘拐して持っていっちゃって平気だしね。

中国や韓国からも、日本の島を『こっちの領土だ』って言われるし、
勝手に石油掘られるし、何度謝っても大金を払っても、
『過去の歴史の責任を取っていない』って言われ続けるし」

ピュア子
「日本って、弱っちいイジメられっ国なの(・ω・ )?」

ご主人様
「そうだよ。
バブル前はアメリカを抜きそうな勢いで経済が充実して、
今でもそれなりの力はあるんだけど。
とにかくケンカが弱いからね。

ネコでもそうだろう?
ケンカが弱かったらボスにはなれないよね」

ピュア子
「ケンカは嫌いニャム。ケンカしないのはいいことと思うけど・・・・・・(´ヘ`;)」

ご主人様
「そうだね。平和が一番だもんね。
でも、『いざというときには強いぞ』って見せておくことができれば、
実際にはケンカしなくても有利に振舞える
よね。

ほんとはケンカ弱くても、体が人一倍大きくて怖い顔だったら、
たぶんガキ大将になるよ( ゚∀゚)ノ」

ピュア子
「どうしてそんなに弱いのかな?」

ご主人様
「軍事力が無いからだよ。
無くはないんだけど、無いのと同じなんだ」

ピュア子
「自衛隊は?」

ご主人様
「平和憲法ってのがあってね。
相手が先に手を上げたのを見てからでないと、
攻撃できないんだ。専守防衛って言うんだよ。

最初の一撃でやられて終わりさ( ´_ゝ`)

それで、しょうがないから、ケンカの強いアメリカに擦り寄って、
守ってもらってる
んだ。」

ピュア子
「じゃ、今回もアメリカがどうにかしてくれるのね(゚ー゚*)」

ご主人様
「それが、なかなかそうもいかないんだよ。
おっと、そろそろ出かけないと」

というわけで、続きは次回ニャム(*^ー゚)/~~

猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※ 日本の核武装議論に関する記事のあるブログ
「ニュースの海」より「中川自民政調会長が欠く議論”自粛”へ」

消費者金融はホントに悪者?3

ピュア子です。

高い金利
はいいのか悪いのか、
お金を借りるのはいいのか悪いのか、
そういう話をしてましたミャ。

今日も続きです。

その1はこちら
その2はこちら

ピュア子
「どこからだったニャム?」

ご主人様
「ピュア子。こういう場合、普通は聞く側が覚えてるんだよ」

ピュア子
「ピュア子はエサを食べたら直前の話を忘れることが多いミャ」

アップロードファイル 26-3.jpg

ご主人様
「・・・・・・( ゚Д゚)えっと、金利の計算なんか、
小学生なみってとこだね」

ピュア子
「そうだったニャ~。計算してください」

ご主人様
「じゃあ例えば、3000万3.5%で借りて家を建てて、
30年で返すことにしようか。

元は3000万だけど、だんだん返すんだから、
減っていくよね。
だから、3.5%が30年まるまるかかるわけじゃないのは
わかるかな?」

ピュア子
「そうね」

ご主人様
「ほんとは複雑な計算があるんだけど、
単純にするね。
1年目は3000万に3.5%、
30年目は0円に3.5%だとすると、
結局3000万に3.5%が15年分かかるんだ。

つまり、タテを元金と金利、横を年数にすると、
だんだん減っていくから三角形になるだろ?
(元金と金利)×年数の長方形じゃなくて、
その半分の三角形
になるから、
半分の15年にするわけだね」

ピュア子
「ああ、そうすると単純ニャムね」

ご主人様
「そしたら、金利は1575万になる」

ピュア子
「そ、そんなに?( ( ( ;゚Д゚)))」

アップロードファイル 26-4.jpg

ご主人様
「そうだよ。
上のクラスのメルツェデスでもBMでも、余裕で買えるね。
金利と言うと、ついつい1年分の金額とか、
月々やっていけるかとかしか考えない
だろ?
ここも簡単に借りちゃう原因の一つかもね」

ピュア子
「う~ん」

ご主人様
「さらに家を買うと固定資産税がかかる。
合計3000万の土地と建物に対して、
単純に40万かかるとするよ。

それも30年かかるから、40万×30年=1200万だね。
さっきの金利と合計すると、2550万

この2550万を30年で割ると、1年に85万だね。
例えば、家を買わずに家賃7万円のマンションで生活した
場合とほとんど同じ
だね」

ピュア子
「そっか~。どうせ同じになるなら、
自分の家を持てるんだから、買った方がいいのかニャ?」

ご主人様
「そう思い込んでる人が多いけど、間違いだね。
例えば貸家で我慢してれば、
家賃5万のマンションだっていいだろ?
それだったら、30年で720万の差が出るよ」

ピュア子
「う・・・・・・ Σ(゚д゚lll)」

ご主人様
「それだけじゃないんだ。
っていうよりこっちの方が大事なんだけど、
家を買った人は30年後、
元の値段で売れるかどうかわかんない、
古くなった家だけが残る
よね?

貯めてた人は、現金が3000万残るんだよ。
もしこれを使って30年かけて少しずつ、
金利の高い国債でも買ってたら?

もし2%もらえるとすると、さっきと同じ計算で、
3000万×2%×15年で、900万の利益だな」

ピュア子
「すごい差になるニャムね。
そうやって増えた現金を使って、
そこからなんにでもチャレンジできるかも」

ご主人様
「結局、金利っていうのは、
払うものじゃなくてもらうべきもの
ってことかな」

ピュア子
「なるほど~( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー」

ご主人様
最後に残るものの差。
辛抱したり運用したりした結果得られる、
利益1620万という差。

これを損と思うか思わないかは個人の自由だけど、
ピュア子はどう思う?」

ピュア子
「どっちだとしても、
ほんとに足し算と引き算と掛け算と割り算だけでわかるニャムね。
小学生でもわかるのに、どうしてみんな自己破産とかするの?」

アップロードファイル 26-5.jpg

ご主人様
「またまた、『人間って・・・・・・』という話になっちゃったね。
学校では計算のやり方は教えるけど、
実際の社会でどこにどういう計算を使って生きていけ、
っていうことは教えない
からかなぁ」

というわけで、このシリーズはここまでですミャ。

ピュア子はおやつを食べます。

ご主人様
(今の話、全部忘れるのかな( -人-).。oO(・・・・・・))









猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※ 経済のしくみと庶民の生活・債務に関するブログ
「大村あつし ボクは不死鳥」

消費者金融はホントに悪者?2

ピュア子は1日半以上も寝ていたわけではありません。
そうではなくて、この記事のことを忘れていただけミャ。

・・・・・・。

アップロードファイル 24-2.jpg

さて、続きですニャム。

お金を貸して高い金利を取ることは、
「悪」と言われる場合が多い
という話でした。

前の記事はこちら

ピュア子が不思議に思うのは、
貸すのが悪と言われるぐらいなんだから、
借りる側の人はその結果どんなに大変なことになるか、
わかっているんじゃないかニャ
、ということです。

それなのにどうして借りちゃうの?(°Д°)?

ご主人様に聞いてみよっと。

ピュア子
「人間は、どうしてお金借りちゃうの?」

ご主人様
「そうだね~。たぶん一番多いのは、
『ここさえ乗り切れば、後で回復する』
って考えてるケースじゃないかな?
中小企業の社長とかはね、
支払いが迫ってるのに現金がないって時は、
借りなきゃ会社が潰れちゃうんだよ」

ピュア子
「回復しないの?」

ご主人様
「金利が高いところに借りなきゃいけないってことは、
普通の銀行は貸してくれないってことだよね。
それだけ経営が苦しくなってるってことさ。
急に回復する可能性なんか、そう大きくはないだろ?
ましてや高い金利が、さらにのしかかってくるわけだから」

ピュア子
「それでも借りちゃうのね」

ご主人様
「まあ、良く言えば前向きなんだよ。
『きっと良くなる』って思ってなきゃ、やってられないのさ。
でもね、個人でも同じなんだよ。
『今と同じ収入がずっと続く』
『今と同じペースで、給料は上がり続ける』って思うから、
平気で何年、何十年っていうローンに手を出すんだよ」

ピュア子
「何十年もかけて返すの!?(*1

アップロードファイル 24-4.jpg

ご主人様
「そうだよ。住宅ローンなんかは、30年とか当たり前なんだ。
そして、みんなそうやって買い物するのが当たり前と思ってる」

ピュア子
「当たり前なの?」

ご主人様
「まあ、考え方次第かな。
『30年もかけてお金貯めないと買えないなんて、
我慢できない』って人もいるだろうね。
それに、『みんな住宅ローンは使ってるんだから、自分もいいや』
って考えるかもしれない。
でも実際には、ほとんどローンのために生きてるような状態
になったり、リストラされた後、
どうにか再就職しても給料が下がって、結局家を売らなきゃ
いけなくなったりする人も、今では多いね。
最後は自己破産したり」

ピュア子
「ってことは、当たり前じゃないニャムね」

ご主人様
みんながやってることイコール当たり前、
と考えるのは危険
かもね。
そもそも金利と年数を考慮すれば、
借りた方がどういう風に損をしていくかなんて、
小学生程度の計算でわかることなんだよ」

ピュア子
「小学生程度なの? 計算してみて。
・・・・・・あ、でもエサの時間だから、次回にお願いするミャ」

ということで、またまた続くニャム~!









猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※ 経済のしくみと庶民の生活・債務に関するブログ
「大村あつし ボクは不死鳥」

*1: ;゚Д゚)

消費者金融はホントに悪者?

ピュア子はネコなので、他のネコにモノを借りたりしません。
取るか、取られるか、だけなのミャ。
ピュア子はいつも、妹分のルナ子にエサを取られます(TT)

アップロードファイル 23-3.jpg

人間社会では、お金の貸し借りで問題が起こってるみたい。

ピュア子
「ねぇ、ご主人様。消費者金融ってなぁーに?」

ご主人
「人や企業に、お金を貸してくれる会社だよ」

ピュア子
「銀行みたいなものなのね」

ご主人
「銀行と比べると、誰にでも貸してくれるね。
その代わり、金利が高い

ピュア子
「金利って?」

ご主人
「100円借りても、返すときは110円返すんだ。
そうしないと、タダで貸してたら消費者金融はやってけないだろ?」

ピュア子
「そりゃそうね。慈善事業じゃないニャムね。
じゃ、なんでみんな大赤字になっちゃったの?(・ω・ )」

ご主人
「金利が高すぎたからってことで、下げる法律ができるんだ。
しかも高すぎた分を返してあげなさいって言われたんだ」

ピュア子
「高すぎたって、法律を破ってたの? それじゃ悪いわね」

ご主人
「いや、金利の法律には『利息制限法』と『貸金業規規制法』
と『出資法』の三つ
があって、それぞれで金利が違うんだ」

ピュア子
「どうしてミャ?」

ご主人
「さあね。バラバラな人が、よく確かめずに作ったのかな?
だから、それらをひっくるめて無理やり解釈して、
これならOKだろうっていう一番上の金利で、
今まで運営してたわけだね」

ピュア子
「じゃ、借りる人にわかんないように隠して、
安く見せかけて貸していたの?」

ご主人
「いや。貸し借りするときはちゃんと契約書を結ぶからね」

ピュア子
「それじゃ、なんで消費者金融は返してあげなきゃいけないの?」

ご主人
「弱い者を救うってことかな」

ピュア子はちょっと納得いきません。

アップロードファイル 23-4.jpg

わかってて、契約までして借りた人が、
世の中が変わってきたからって、手のひらを返して
「高すぎる」って言い出すのは変
じゃないミャ?

ご主人
「銀行が相手にしないところに高く貸すっていう
ビジネスモデル自体が、終わったってことだね。
消費者金融も遅かれ早かれこうなるとわかってて、
抜本的な対策ができなかった面もあるんだ」

ピュア子
「それじゃ、お金を貸して金利を取るってことが、
そもそも悪いことなのかニャ?」

ご主人
「うーん、それはどうだろうね。
シェイクスピアの『ヴェニスの商人』なんか有名だけどね」

ピュア子
「ニャム?」

ご主人
キリスト教では、金利を取ることは
悪だとされていた
みたいだね。
それで、大嫌いな人に金を貸したユダヤ人の商人が、
相手が借金を返せなくなったのをいいことに、
法律を悪用して『代わりに胸の肉をもらう』って言い出すんだ。
どっちにしても、
『法律を守ってさえ居れば善』とは言えないよ
って話だね( ´_ゝ`)」

でもそれなら、どうして人間はそれでもお金を借りるのかニャ?

ピュア子はとっても気になるけど、
そろそろお昼寝したくなってきました。

続きは次回にやりますニャム~!









猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※ 経済のしくみと庶民の生活・債務に関するブログ
「大村あつし ボクは不死鳥」

ページ移動

カレンダー

前の月へ2017年8月次の月へ
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
- - - - - - -

リンク

プロフィール