猫画像ブログ「オッドアイ」について



※ 説明文は工事中です。
※ 他のブログへのリンクは、「いろいろなブログ」という記事の中にあります。




猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを、心よりお願いします!

         ↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事一覧

サービス残業のしくみ

いまだ療養中のピュア子です。

アップロードファイル 41-1.jpg

明日は勤労感謝の日ニャム。
それにあわせて、厚生労働省が「サービス残業の無料電話相談」
をやることにしたらしいですニャ。

なるほど、なるほどぉ(*゚ー゚)
・・・・・・で、サービス残業ってなにかミャ?

ピュア子
「ご主人様、教えてほしいニャム」

ご主人様
「チッ」

ピュア子
「・・・・・・( ゚Д゚)(ご主人様はfinepix f30をいじるのに忙しいニャム)」

ご主人様
「・・・いや、失礼。サービス残業だね?」

ピュア子
「そうニャム」

ご主人様
「労働基準法では、1日の仕事は8時間しかさせちゃダメって
決められてるんだ。
でも、仕事の終わらないサラリーマンが、
会社に残って仕事するんだよ。
その分の給料が出ないとき、それをサービス残業って言うんだ」

ピュア子
「どうして働いたのに給料が出ないの?

ご主人様
「これは難しい問題なんだよ。
雇う側に『ちゃんと払え』と言ったら終り、
雇う側が払わないのがダメ、っていう単純な話じゃない
んだよね」

ピュア子
「払わないのが悪いようにしか思えないニャム・・・・・・(・ω・ )?」

ご主人様
「悪いのは悪いんだけどね。
なぜそれが発生するのか、
なぜなくならないのか、という点が複雑なんだ。

雨がたくさん降って洪水になったとき、
『川の水がけしからん!』なんて言わない
だろう?
堤防の高さが不十分だったこともあるし、
上流で木をたくさん切って、雨を吸収できなかったのもあるし、
環境破壊で天候がおかしくなって、雨がたくさん降ったのもあるし、というワケさ。

結論から言うと構造的な問題なんだよ。

それなのに、ある一箇所だけを取り上げて
攻撃してる傾向が強い
と思うなぁ。
小手先の対応になってるんだよ」

ピュア子
「どういうことニャム?」

ご主人様
「働く人は、『雇う人』と『雇われる人』
の二つに分けられるよね。
サービス残業の問題は、
常に『雇われる人』の視点からばかり取り上げられる
けど、
『雇う人』から見てごらん。

特に規模の小さい中小企業になるほどサービス残業は多いよね。
それは、ズバリ言えば残業代なんか払ってる余裕がないんだよ」

ピュア子
「経営が苦しいニャムね」

ご主人様
「そう。苦しくて苦しくて、つい会社が潰れるまで
消費者金融から借金してしまう話をしたよね。

雇う側からすると、残業なんかせずに、
効率的に仕事をして早く帰ってほしい
んだよ。

だけど、雇われる側からすれば業務の量や困難性などから
そう簡単には終わらず、どうしてもオーバーしちゃう
よね」

ピュア子
「雇われる人たちからすると、
『早く帰れって言うなら、もっと人を増やして一人ひとりの
仕事を減らしてくれ』
って思うんじゃないミャ?」

ご主人様
「そうだね。
だけど、残業代出す余裕がないのに、
人間増やすことなんかもっと不可能
なんだよ。
仕事を減らすことだって、メシのタネなんだから無理だよね。

それで、雇われる側の言い分ばかりを聞いて
仕事減らして、どんどん残業代払ったら、
どうなる
と思う?」

ピュア子
「それは・・・・・・会社は潰れるかもしれないニャムね」

ご主人様
「そう。会社が潰れちゃって仕事を失うのと、
残業代が出ないのとどっちがいい?
 って話になっちゃうんだ。

もちろん全てがそうじゃないよ。
すごく儲かってるのに、
雇う人ばかりがおいしい部分を持っていっちゃう場合もある。
そんなのは絶対ダメ
だよね。
一生懸命働いている雇われる人にも分けてあげないと。

利潤が上がって調子のいい大企業なんかは、
春闘って言って毎年4月に給料上げるよう労働者の団体が
交渉してるよね?

だけど、実際にはほんとに払いたくても余裕がない
中小企業の方が、大半
なんだ」

ピュア子
「じゃあ、『雇う人』だけを責めても難しいニャムね」

ご主人様
『雇う人(余裕がない)→誰かを雇う→
雇われる人が雇う人に無理な要求→
雇う人、もっと余裕がなくなる→会社潰れる→
雇われる人(+д+)マズー』

っていう仕組みだろう?
その構造自体をどうにかする対策をしないとダメじゃないかな。

ピュア子
「どうすればいいニャム?」

ご主人様
「そんなこと知らないよ。厚生労働省の人がちゃんと考えないと

アップロードファイル 41-4.jpg

だけど、実際はそれだけじゃないんだよね。
日本人の特質なのかな。
今言ったのとは違う面で、サービス残業が発生するしくみもあるんだけど・・・・・・。
それはまた次回にしよう」

というわけで、今日はこれで終りニャム!

猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

消費者金融はホントに悪者?3

ピュア子です。

高い金利
はいいのか悪いのか、
お金を借りるのはいいのか悪いのか、
そういう話をしてましたミャ。

今日も続きです。

その1はこちら
その2はこちら

ピュア子
「どこからだったニャム?」

ご主人様
「ピュア子。こういう場合、普通は聞く側が覚えてるんだよ」

ピュア子
「ピュア子はエサを食べたら直前の話を忘れることが多いミャ」

アップロードファイル 26-3.jpg

ご主人様
「・・・・・・( ゚Д゚)えっと、金利の計算なんか、
小学生なみってとこだね」

ピュア子
「そうだったニャ~。計算してください」

ご主人様
「じゃあ例えば、3000万3.5%で借りて家を建てて、
30年で返すことにしようか。

元は3000万だけど、だんだん返すんだから、
減っていくよね。
だから、3.5%が30年まるまるかかるわけじゃないのは
わかるかな?」

ピュア子
「そうね」

ご主人様
「ほんとは複雑な計算があるんだけど、
単純にするね。
1年目は3000万に3.5%、
30年目は0円に3.5%だとすると、
結局3000万に3.5%が15年分かかるんだ。

つまり、タテを元金と金利、横を年数にすると、
だんだん減っていくから三角形になるだろ?
(元金と金利)×年数の長方形じゃなくて、
その半分の三角形
になるから、
半分の15年にするわけだね」

ピュア子
「ああ、そうすると単純ニャムね」

ご主人様
「そしたら、金利は1575万になる」

ピュア子
「そ、そんなに?( ( ( ;゚Д゚)))」

アップロードファイル 26-4.jpg

ご主人様
「そうだよ。
上のクラスのメルツェデスでもBMでも、余裕で買えるね。
金利と言うと、ついつい1年分の金額とか、
月々やっていけるかとかしか考えない
だろ?
ここも簡単に借りちゃう原因の一つかもね」

ピュア子
「う~ん」

ご主人様
「さらに家を買うと固定資産税がかかる。
合計3000万の土地と建物に対して、
単純に40万かかるとするよ。

それも30年かかるから、40万×30年=1200万だね。
さっきの金利と合計すると、2550万

この2550万を30年で割ると、1年に85万だね。
例えば、家を買わずに家賃7万円のマンションで生活した
場合とほとんど同じ
だね」

ピュア子
「そっか~。どうせ同じになるなら、
自分の家を持てるんだから、買った方がいいのかニャ?」

ご主人様
「そう思い込んでる人が多いけど、間違いだね。
例えば貸家で我慢してれば、
家賃5万のマンションだっていいだろ?
それだったら、30年で720万の差が出るよ」

ピュア子
「う・・・・・・ Σ(゚д゚lll)」

ご主人様
「それだけじゃないんだ。
っていうよりこっちの方が大事なんだけど、
家を買った人は30年後、
元の値段で売れるかどうかわかんない、
古くなった家だけが残る
よね?

貯めてた人は、現金が3000万残るんだよ。
もしこれを使って30年かけて少しずつ、
金利の高い国債でも買ってたら?

もし2%もらえるとすると、さっきと同じ計算で、
3000万×2%×15年で、900万の利益だな」

ピュア子
「すごい差になるニャムね。
そうやって増えた現金を使って、
そこからなんにでもチャレンジできるかも」

ご主人様
「結局、金利っていうのは、
払うものじゃなくてもらうべきもの
ってことかな」

ピュア子
「なるほど~( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー」

ご主人様
最後に残るものの差。
辛抱したり運用したりした結果得られる、
利益1620万という差。

これを損と思うか思わないかは個人の自由だけど、
ピュア子はどう思う?」

ピュア子
「どっちだとしても、
ほんとに足し算と引き算と掛け算と割り算だけでわかるニャムね。
小学生でもわかるのに、どうしてみんな自己破産とかするの?」

アップロードファイル 26-5.jpg

ご主人様
「またまた、『人間って・・・・・・』という話になっちゃったね。
学校では計算のやり方は教えるけど、
実際の社会でどこにどういう計算を使って生きていけ、
っていうことは教えない
からかなぁ」

というわけで、このシリーズはここまでですミャ。

ピュア子はおやつを食べます。

ご主人様
(今の話、全部忘れるのかな( -人-).。oO(・・・・・・))









猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※ 経済のしくみと庶民の生活・債務に関するブログ
「大村あつし ボクは不死鳥」

消費者金融はホントに悪者?2

ピュア子は1日半以上も寝ていたわけではありません。
そうではなくて、この記事のことを忘れていただけミャ。

・・・・・・。

アップロードファイル 24-2.jpg

さて、続きですニャム。

お金を貸して高い金利を取ることは、
「悪」と言われる場合が多い
という話でした。

前の記事はこちら

ピュア子が不思議に思うのは、
貸すのが悪と言われるぐらいなんだから、
借りる側の人はその結果どんなに大変なことになるか、
わかっているんじゃないかニャ
、ということです。

それなのにどうして借りちゃうの?(°Д°)?

ご主人様に聞いてみよっと。

ピュア子
「人間は、どうしてお金借りちゃうの?」

ご主人様
「そうだね~。たぶん一番多いのは、
『ここさえ乗り切れば、後で回復する』
って考えてるケースじゃないかな?
中小企業の社長とかはね、
支払いが迫ってるのに現金がないって時は、
借りなきゃ会社が潰れちゃうんだよ」

ピュア子
「回復しないの?」

ご主人様
「金利が高いところに借りなきゃいけないってことは、
普通の銀行は貸してくれないってことだよね。
それだけ経営が苦しくなってるってことさ。
急に回復する可能性なんか、そう大きくはないだろ?
ましてや高い金利が、さらにのしかかってくるわけだから」

ピュア子
「それでも借りちゃうのね」

ご主人様
「まあ、良く言えば前向きなんだよ。
『きっと良くなる』って思ってなきゃ、やってられないのさ。
でもね、個人でも同じなんだよ。
『今と同じ収入がずっと続く』
『今と同じペースで、給料は上がり続ける』って思うから、
平気で何年、何十年っていうローンに手を出すんだよ」

ピュア子
「何十年もかけて返すの!?(*1

アップロードファイル 24-4.jpg

ご主人様
「そうだよ。住宅ローンなんかは、30年とか当たり前なんだ。
そして、みんなそうやって買い物するのが当たり前と思ってる」

ピュア子
「当たり前なの?」

ご主人様
「まあ、考え方次第かな。
『30年もかけてお金貯めないと買えないなんて、
我慢できない』って人もいるだろうね。
それに、『みんな住宅ローンは使ってるんだから、自分もいいや』
って考えるかもしれない。
でも実際には、ほとんどローンのために生きてるような状態
になったり、リストラされた後、
どうにか再就職しても給料が下がって、結局家を売らなきゃ
いけなくなったりする人も、今では多いね。
最後は自己破産したり」

ピュア子
「ってことは、当たり前じゃないニャムね」

ご主人様
みんながやってることイコール当たり前、
と考えるのは危険
かもね。
そもそも金利と年数を考慮すれば、
借りた方がどういう風に損をしていくかなんて、
小学生程度の計算でわかることなんだよ」

ピュア子
「小学生程度なの? 計算してみて。
・・・・・・あ、でもエサの時間だから、次回にお願いするミャ」

ということで、またまた続くニャム~!









猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※ 経済のしくみと庶民の生活・債務に関するブログ
「大村あつし ボクは不死鳥」

*1: ;゚Д゚)

消費者金融はホントに悪者?

ピュア子はネコなので、他のネコにモノを借りたりしません。
取るか、取られるか、だけなのミャ。
ピュア子はいつも、妹分のルナ子にエサを取られます(TT)

アップロードファイル 23-3.jpg

人間社会では、お金の貸し借りで問題が起こってるみたい。

ピュア子
「ねぇ、ご主人様。消費者金融ってなぁーに?」

ご主人
「人や企業に、お金を貸してくれる会社だよ」

ピュア子
「銀行みたいなものなのね」

ご主人
「銀行と比べると、誰にでも貸してくれるね。
その代わり、金利が高い

ピュア子
「金利って?」

ご主人
「100円借りても、返すときは110円返すんだ。
そうしないと、タダで貸してたら消費者金融はやってけないだろ?」

ピュア子
「そりゃそうね。慈善事業じゃないニャムね。
じゃ、なんでみんな大赤字になっちゃったの?(・ω・ )」

ご主人
「金利が高すぎたからってことで、下げる法律ができるんだ。
しかも高すぎた分を返してあげなさいって言われたんだ」

ピュア子
「高すぎたって、法律を破ってたの? それじゃ悪いわね」

ご主人
「いや、金利の法律には『利息制限法』と『貸金業規規制法』
と『出資法』の三つ
があって、それぞれで金利が違うんだ」

ピュア子
「どうしてミャ?」

ご主人
「さあね。バラバラな人が、よく確かめずに作ったのかな?
だから、それらをひっくるめて無理やり解釈して、
これならOKだろうっていう一番上の金利で、
今まで運営してたわけだね」

ピュア子
「じゃ、借りる人にわかんないように隠して、
安く見せかけて貸していたの?」

ご主人
「いや。貸し借りするときはちゃんと契約書を結ぶからね」

ピュア子
「それじゃ、なんで消費者金融は返してあげなきゃいけないの?」

ご主人
「弱い者を救うってことかな」

ピュア子はちょっと納得いきません。

アップロードファイル 23-4.jpg

わかってて、契約までして借りた人が、
世の中が変わってきたからって、手のひらを返して
「高すぎる」って言い出すのは変
じゃないミャ?

ご主人
「銀行が相手にしないところに高く貸すっていう
ビジネスモデル自体が、終わったってことだね。
消費者金融も遅かれ早かれこうなるとわかってて、
抜本的な対策ができなかった面もあるんだ」

ピュア子
「それじゃ、お金を貸して金利を取るってことが、
そもそも悪いことなのかニャ?」

ご主人
「うーん、それはどうだろうね。
シェイクスピアの『ヴェニスの商人』なんか有名だけどね」

ピュア子
「ニャム?」

ご主人
キリスト教では、金利を取ることは
悪だとされていた
みたいだね。
それで、大嫌いな人に金を貸したユダヤ人の商人が、
相手が借金を返せなくなったのをいいことに、
法律を悪用して『代わりに胸の肉をもらう』って言い出すんだ。
どっちにしても、
『法律を守ってさえ居れば善』とは言えないよ
って話だね( ´_ゝ`)」

でもそれなら、どうして人間はそれでもお金を借りるのかニャ?

ピュア子はとっても気になるけど、
そろそろお昼寝したくなってきました。

続きは次回にやりますニャム~!









猫画像ブログ「オッドアイ」は皆さんの応援で動いています。
1日1クリックを心よりお願いします!

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※ 経済のしくみと庶民の生活・債務に関するブログ
「大村あつし ボクは不死鳥」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

カレンダー

前の月へ2017年6月次の月へ
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
- - - - - - -

リンク

プロフィール